2010年10月15日

アニエスb 買い物自慢!

アニエスベーのファミリーセールの案内を頂いて行って来た。

どうせ入らないだろう・・・と思ってタグも見ないで試着室に持ってた皮パンが
何とか入り(笑)

どうせ合皮だろ・・・・とあまりにも柔かかったのと色の美しさで思ったものが
本羊皮!

どうせ高いだろう・・・と思っていたら、染ムラの難アリ(2回履けば差が無くなるレベル)で
8400円!

そして元の値札は・・・・ジャパネットタカタもビックリ!の11万5千円。

セールでも中々ない出会いにコウフンでした。

RIMG0605.JPG

結局+シャツ2枚、カットそー1枚計4枚で、9500円ぐらい。
上手な買い物できました〜〜〜。^^

RIMG0585.JPG
恵比寿の帰り道
posted by うたこ at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル映画祭2010―パウ・ブラジル(ネタバレ注意!)

eigasai.JPG
(笑)

ブラジル映画祭、ポルトガル語の授業のあとで、少し遅れてしまったけど
「パウ・ブラジル」を観てきました。

ブラジルという国の名前はこの木に由来していて
かつては沢山自生していたけれど、
主に赤色の染料の材料として乱獲され、今では絶滅危惧種になってしまった。

ということはポルトガル語のレッスンで題材にされたことがあって
知っていたけれど、実際大変な状況です。

保護する組織はあるものの、破壊のスピードに追いついてない。

この木は今では染料に使われることはないけれど、
弦楽器の弓の材料として最高の物とされているそうです。
この木材の弓でなければ弾けない音、弾けないフレーズがあるらしい。

だから、この木がもし無くなってしまったら、芸術にも大損害
弓作り職人の技術が継承されることも無くなってしまうだろう。

自然を守ることが音楽を守る。
こんな風に繋がっているとはあまり考えたこと無かった。

ず〜と絶え間なく、音楽の鳴っていた映画なのに
エンドロールでは無音なのが印象的でした。

東京でのブラジル映画祭は、今日で終わりですね!
19:35〜から最後に上映される作品は「魔法じかけの言葉」です。

これはブラジル音楽をもっとディープに感じられる作品です。
今日急に時間のできた人などはぜひぜひ。

RIMG0568.JPG
夜の渋谷 このパックマンの表情が・・・!^^; でも百軒店って由緒正しい商店街らしいです

posted by うたこ at 12:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。