2017年08月04日

ガルマンの夏

DE5B2DB6-842D-46B2-A284-01C1BDB89FF1.jpg

学生さんの世界では夏休みですね。( ´ ▽ ` )ノ
ランチでカフェとかに行くと
普段いないはずの子供がいたりするので
びっくりするおばさんです。


前にも一度かきましたが
夏休みにぴったりの絵本を紹介させていただきますね。

スティアン・ホーレというノルウェーの作家さんの
「ガルマンの夏」という作品です。

ボサノバ繋がりのお友達 小柳隆之さんが翻訳と
日本で出版するために尽力されたそうです。

出版実現にむけてのこと、よくお話はきいてないけど
大変だったに違いない。



下の写真は裏表紙の写真で

もうすぐ終わるなにかと
始まるなにかの物語

って書いてあります。


ほんとにこの言葉に集約されてる物語です。

絵は子供がみたら怖いと思うくらい
老人の顔とか、書き込まれてるのだけど
私は、そこに終わっていくものへの
愛情を強く感じました。


なんども読んで、考えさせるような物語
絵本といっても
子供よりむしろ大人が読んで楽しめる本です。

皆様もぜひ。
日本の絵本とはまったく感覚の違う絵本
体験していただきたい。

アート作品としても素晴らしいです!!


以下AMAZONのページ
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%8F-Hole-Stian/dp/4883034216/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1502736136&sr=8-1&keywords=%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A4%8F




0D73EF4E-6651-4B94-98B6-DF9319229DC4.jpg
裏表紙

E7240BC7-D0D8-46C7-9A8F-CB95D1AE6C20.jpg
作家さんプロフィール

EDDFD0D6-D46D-4975-9784-348D91D2C393.jpg

あんまり見せちゃいけないとおもうのでチラみせ。



posted by うたこ at 20:51| Comment(0) | ライブスケジュール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: