2005年11月20日

今年の最後のストリングス

今年もとってもお世話になったストリングス。
13日(日)はストリングスでは今年最後のライブになりました。
メンバーはいつもの重久さん+須古さん+パーカッションの今福さん。

今福さんは、宮沢和史さんの南米ツアーからお帰りになったばかり
ハリケーンと遭遇して、逃げた!!(゚o゚)など
面白いお土産話も聞かせてくださいました。

今日は最初は予約がほぼ〇状態で!!!(-_-メ)
とってもとっても心配だったのですが、結局はいつも
お世話になっているストリングスの常連さんを中心に
いつもの和気あいあいな雰囲気のライブとなりました♪

しかし、とても体調は悪く、ライブの終わった瞬間から頭痛がしていて
家に帰ると熱が39度以上も!!そのご3日間寝込んでしまいました。
一日ずれていたら〜〜と思うと恐ろしい。

やっぱり病は気から、そして、体力があってこその気力なので
健康は本当に大切ですね。

ストリングスのBBSに、文豪の常連様方よりすてきなライブのレポートを
頂いたのでこちらに転載させていただきますっ。
(店主のいのさんのご了承済みです)

----------------------------------------------------------------

★ 冬でもぼっさ / ぐれじゅー 引用

 13日も2ndからおジャマしました。
 いつもの野沢さんって感じがほっとさせてくれました。ボサノバのスタンダードでは切なげなビブラートが薄幸な女って雰囲気を醸し出してて良かったです(あくまでも雰囲気。実情は存じません)。重久さん、須古さん、今福さんのアンサンブル、イントロから聴き手をあっという間に曲の世界に引き込む色付けのしかたは見事。今回も野沢さんのヴォーカルには今福さん効果が出ており、ふだんのマイペースなテンポに開放的なノリも加わってよりバラエティに富んだ印象でした。ベースなしのこの素朴な感じ…なんとなく以前テレビで見たファドを聴かせるポルトガルの店の雰囲気に似ていー感じ。少し肌寒かったこの日、ハロゲンヒーターみたいなライブで体の中からあったまることが出来ました。そう、あの扇風機みたいな形のヤツね。


No.2329 - 2005/11/14(Mon) 18:03

----------------------------------------------------------------
☆ ほかほかぼっさ。 / いた 引用

お店に着いて「きぃ〜」ときしむ扉を開けると、なんともほんわか雰囲気なStrings。お店の中にはライブでお会いする仲間達がちらほら見えて「やぁ〜どうも」って感じ。単に音楽が好きということでつながるお友達との他愛のない話(笑)をしながら、赤ワインで気分がほぐれました。

ところで、この日も派手さはないけど、美しくて素晴らしい曲を演奏してくれました。いつもながらにナチュラルな野沢知子さんのボーカル。ことしの春にリリースされたアルバムENCONTROの帯には「憂いを含むトモコの声はキメ細かな木綿の肌触りで、限りなく耳に優しく暖かい」と紹介されています。本当にその通りだなあと思いながら、目の前で展開されるライブを楽しみました。

今福さんのパーカッション。やっぱこれがはいるとブラジル色をさらに強く感じますよね。シンプルに見えるカホンという箱状の楽器がなんともいい音。パンディロを演奏しているときのリズムの具合(?)って土着的とでも言うんでしょうか、たまらないものがあります。須古典明さんのギター、須古さんの人柄が表れているようなサウンド。でも歯切れの良い感じから情熱的な感じ、優しい感じと変幻自在だけど節度のきいた大人のギターでした。重久さんの奏でるピアノの音は、今日は不思議と中音が明るい秋らしい音。

アルバムに収録されている「A Felicidade」や「ずっと待っていたコト」も歌ってくれました。秋って、いつの間にか始まって、いつの間にか終りますよね。そう意識的に思うと今は秋の本番なのかも。でもStringsの中は、ほかほかのボサノバでした。


No.2330 - 2005/11/14(Mon) 23:24

----------------------------------------------------------------

☆ ブラジルの香り… / Merlot 引用

一時期ライブでは、新曲が多かったと言う野沢さん。最近はまたアルバム「エンコントロ」にも収録されている曲を何曲か歌っていられるとか。
この日も1stの最後の方で、リクエストに答えて「お散歩」を。そう、この曲はStringsとはとても縁のある曲で、いのさんじゃ無くても何故か目頭が熱くなりますよね。2ndでは、大好きな「ずっと待っていたコト」や、歌詞が掲載されていなかったので知りたかった「Marrom Bombom」も。
私も車通勤の時にはテープに取って毎日の往復で聞いていたので、重久さんのイントロを聴きながら、ウキウキ。目の前でアルバムの曲を演奏してもらえる幸せを噛み締めていました。

須古さんのギターが重久さんと野沢さんのコンビを引き立たせ、今福さんの音色でブラジルの香りが深まる。パンデイロからは様々な音が生まれ、ブラジルの町をそぞろ歩く夕暮れみたいでした。(行った事は無いけれど)

初めてライブを聴いた時は、可愛らしさプラス美しさだった野沢さん、今回はしっとりした美しさも加わっていましたね。


----------------------------------------------------------------

ありがとうございましたーー。来年はもっとパワーアップしますので、
よろしくおねがいしますっ!!!
posted by うたこ at 15:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする